スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2011年06月26日

何故、生きるのか

「何故、生きるのか」最後の審判を目前にして


 「何故、生きるのか」最後の審判を目前にして                      著者記事

貴方は、この地上に生を受け何の為に生きているのか又、人間の生きる目的や義務は何なのかを解かっていますか、この地球は最後の審判と地球上のポールシフトの為に後、数年間の内に大きく文明も人間界も地球上の地理でさえ変化しようとしています。貴方方が自分自身で自分の身の振り方を選らばなければならない時に近ずいています。タイムリミッドは2011年の7月頃迄です。貴方が日々の生活の為に金銭を稼ぐだけで

精一杯の生活をして自身のエゴ(貪欲、利己主義、支配欲、拝金主義等)を取り除かなかったとしたら、この愛する地球上に残留して生活する事は許されなくなります。イエス様やマリア様や賢者様が言われておられるように最後の審判が2011年の8月より始まり宇宙の遠くの流刑星へと送還されてしまうからです。どうか貴方方兄弟に言っておきます。貴方方が自身の内部にエゴの為に錆付いて自身の本体である宇宙の意識と

いう永遠の光を自身のエゴという苔や錆でその光を塞がないで下さい。貴方が自身で努力をされて心の内部のエゴの多くを取り除く度に貴方の宇宙の意識の光やパワーは増大して来るのです。今日から2011年の7月頃までの期間を無駄にしないで下さい。貴方にとってはラストチャンスになるのです。気の毒な事に大多数の地球人の方々は15~16回目の転生者が多いのです。(転生の法則URL)
http://nakaotatsuya3.noblog.net/blog/10262532.html

ですから是非、多くの方々に申し上げます。自分のエゴを削り取り除き自身の内部の神の意思である宇宙の意識の印象や指示(直感、衝動、囁き声、警告、アイデアー、映像、魂の知覚等)に従う生活を続けて下さい。それは貴方を通じて語っている神の指示であるからです。それが貴方の本体であり知る者であり永遠の命で真の教師であるからです。私は貴方方の魂の消滅するのが、とても兄弟姉妹として座視しておけないので

す。どうかお願いですから貴方の魂である命が消滅する前に気が付いて自分のエゴを取り除いた上で心と宇宙の意識との一体化を図って下さい。此れはラストチャンスです。貴方方が遠い宇宙の果ての流刑星へ送還されてしまってから宇宙的な学習、宇宙の法則や原理を学ぶ事は不可能に近いからです。イエスも言われておられるではありませんか「貴方が自分の命を損したら何をもって取り返す事が出来ようか」と一度、貴方は自分

の魂の命を失ったら二度と取り返す方法は無いのです。どうかお金や資産そして生活物資等を自分の主人にしないで下さい。それらは貴方から転生等によって離れる事があるからです。貴方の主人は貴方の内部の神でもある貴方の宇宙の意識(叡智、命、魂、神、潜在意識等)です。どうかその意思と共に歩み語って下さい。それが真の人間としての生き方です。その時、貴方は神と共に歩むでしょう。神の意思を行う者は永遠に生

きられます。そして慈しみと奉仕、感謝、同情を実生活で生かして行って下さい。その時、貴方の内部で透視、テレパシー、予知などの超能力が自然に備わって来るでしょう。どうか明日の貴方の命の永続の希望の為にこれ等の生き方を行って下さい。貴方方に創造主の御加護がありますように・・


映像動画、「宇宙戦争?関連下記のサイトの紹介」

(著者注意、かなり昔の映像のようです現在の地球上の宇宙空間ではこういった事はあまり発生しませんし完全に銀河系の賢者会議の艦船に守られています)

http://vids.myspace.com/index.cfm?
fuseaction=vids.individual&videoid=41023074



レプティリアン(爬虫類型ヒューマノイド)のYouTube映像:
http://jp.youtube.com/watch?v=tq1SgXIKI3U&feature=related


各国のリーダーらの悪魔サインでレプティリアンへの忠誠のサイン
http://www.jesus-is-savior.com/False%20Religions/Wicca%20&%
20Witchcraft/signs_of_satan.htm



宇宙哲学HP「永遠の生命」 

人間の進化向上の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で過去世を思い出す方法やテレパシーの送受信方法や人間の心と宇宙の意識(叡智、命、魂、神等)との一体化を経て永遠の生命を習得する方法が記載されており、又、火星や金星、月面等の他の惑星の生命存在を示す米国NASAの探査衛星写真等や葉巻型宇宙母船やUFOが多数掲載されています。(宗教団体と無関係)

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm


過去記事集「大自然を愛し人間の目的を探求」ブログ

下記のサイトは生命の科学、テレパシー、宇宙哲学の学習目的の専用ブログで皆様方の覚醒や進化向上と、また心と宇宙の意識(命)との一体化や超能力等を促進させるもので自己の過去世を思い出したり新しい文明への残留者を目指す方々の指針となる啓蒙書です。

http://eien.blogoo.ne.jp/


「*スクープ火星に生命がいる」探査衛星画像ブログ

「火星や金星、月面の生命、存在のスクープ映像、火星や金星、月面等に生命と文明がある証拠が見つかった。米国NASAや欧州宇宙機関等の宇宙探査衛星の写真画像を提供。

http://d.hatena.ne.jp/nakaotatsuya3/

「火星の都市と池の映像」映像はスクープ探査衛星画像のクローズアップ

中央の池の左右に黒色の線が升目状に見える。これは道路だ。多くの火星人達の住宅がギッシリと確認出来る。上空2キロm位からの衛星画像のクローズアップ驚愕の映像だ。世界中の多くの人々に確認して見てほしい。


驚愕!火星都市画像1 より再録転載

http://bbs1.as.wakwak.ne.jp/bbs.cgi?id=22066

火星画像の中には川の画像を何枚も所有しているがこの画像には驚いた。これはまるっきり池だ。右の住宅街の数カ所からこの池に向かって水を放出しているのが見える。池の中央部からも4つのスプリンクラーみたいなものから放水されている。今までこんな池の画像なんてみたことない。NASAもいい加減なものだ。何十年も水の存在を否定してきたくせに、裏ではこんな池の画像を平気で流しているんだから。全く。左右の街

にも注目してほしい。ここは明らかに火星の都市の一部である。こんな画像を見ると、火星には氷が存在するなどと大げさに放送するNHKニュースがいかにばかばかしい
かわかるだろう。
 

火星の街と湖





  


Posted by 宇宙人の天使 at 15:52Comments(2)哲学、思想、倫理

2011年06月09日

最後の審判



最後の審判

2000年前にイエスが語られた最後の審判に付いて申し上げておきましょう。現代人の多くがそんな事は空絵事で有り得ないと思われている方が多いのですが真実は、そうでは無いのです。ブログの過去記事参照、新約聖書の最後の審判(マタイの福音書25章後半と関連記事で24章前半)記事、
http://nakaotatsuya3.noblog.net/blog/10303050.html 

現在、大地震がスマトラ沖大地震や中国の四川大地震等が発生していますし、今後も多くの大地震が発生するでしょうが、又、アフリカや未開発地域等で飢饉が多く発生しており、一日あたり、餓死者が23000人も亡くなられています。まさにイエスが言われておられた様相を示しているようです。又、1958年の太陽の磁極の移動に起因する地球の地軸の傾斜(極地の移動)後に人の子(イエスで金星人のオーソン師、仮名)が天の雲(宇宙母船等)に乗って再臨をされるのですが、その時に最後の審判が発生するのです。

多くの聖人や進化された宇宙人達が、この太陽系のみならず多くの太陽系の惑星から大挙して地球に数10万隻の葉巻型宇宙母船などで再臨をされるのです。その時、我々、地球人は最後の審判の座に座らされて裁きを受ける立場にあるのです。我々、地球人の古代の先祖は他の惑星で犯罪を犯した犯罪人や、厄介者達でした。地球は流刑地であって、日本版の流人の島、八丈島で、堕落天使で、あったのです。

現代人も心のエゴだけで生きていて貪欲、怒り、支配欲、分裂、非難、利己主義、拝金主義等の生き方をしていて反省が無いですし、古代の先祖達と同様な生き方を当然だと
しているからです。ハッキリ申し上げますが貪欲、利己主義、支配欲、拝金主義、怒り等に生きている人達は、この地球上に残留する事は許されません。

一方、慈しみ(愛)、奉仕、感謝、誠実、信念、調和、許し、勇気等に生き心と宇宙の意識と一体化した人々は地球上の新しい宇宙的な文明(創造主の御国)に残留する事を許されます。ですから現時点なら各人が覚醒して反省すれば間に合うのですから各自が自身の想念観察 (想念観察記事URL)

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/3sounenkansatsunohouhou.html 
を行い悪想念や悪感情を取り除くべきで、これがラストチャンスなのです。そして地球平和や宇宙平和や宇宙の兄弟愛に生きて頂きたいのです。現在(2008年7月で私は64歳ですが私が存命中に最後の審判が起きると
上の方(偉大な導師の宇宙人)から私に言われているのです。後、何年、残されていますか考えて下さい。今しかないのです。 悪しき想念や感情や習慣を取り除き進化し愛(慈しみ)と奉仕、感謝、宇宙の兄弟愛を実践すれば

良いのです。この事は他人が貴方に替わってやってくれません。貴方自身が想念観察を実行し進化するのです。貴方の内部に宇宙の意識(叡智、命、神、魂、潜在意識)が内在し貴方の心を教え(直感、閃き、魂の知覚、映像、ささやき声、警告、啓示、アイデアー等)導いているのですから・・そうすれば永遠に転生し永遠の生命も視野に入って来るでしょう。

貴方の内部の宇宙の意識やその指示や印象類に強い信頼と確信を持ちなさい。それが貴方を永遠の生命へと導いてくれるのですから。そして地上に残留する事が許されるでしょう。

(1)「付記」
使徒行伝の第一章~9に「イエスは彼らの見ている前で天に上げられ雲に迎えられて、その姿が見えなくなった」とありますが雲というのは現在でいう葉巻型宇宙母船や小型UFOのフォースフイルドのイオン化された状態の映像を現わしておりイエスはUFOの磁気エレベーターに乗せられて上空へ上げられたのですがイエスは地球上での教化の奉仕を終了された後は金星へ帰星されて

現在でも金星で転生されて生きておられるのです。そして現代になってGアダムスキー氏(過去世はヨハネ)の宇宙哲学等の奉仕活動を援助されるべく1952年11月20日(木)12時30分頃に米、カルホルニアのデザートセンター近くで金星人(オーソン師=イエス)として会見されたのですが、これは公式の再臨ではなく、もう一度、極地の移動後に地球人の公の衆目の前で雲(宇宙母船等)に乗って再臨をされるのです。新しい宇宙的な文明が展開し悪人やエゴ人間は地球上に残留する事が許されない時代となります。そして宇宙的な素晴らしい文明となっていきます。

(2)「付記」
「UFOテクノロジー隠蔽工作」スチーヴンM,グリア著、(株)めるくまーる刊の書籍によれば最近の欧米圏のUFO関連の現状について宇宙人達は核大国の大陸間弾道弾を18機程を無力化したり大気圏外に配備されている近隣惑星の友好的UFOの撃墜兵器を使用不可能の状態にしたりして、地球平和や宇宙平和の為に尽力されていますが国際金融財閥(無法者グループ、隠密政府)の

裏側の連中は地球人類に対して偽宇宙人情報(キャトルミューレイションや奇異な姿の人造宇宙人間)等を使い一般人の恐怖心や敵愾心を煽り、地球防衛の為の思想統一を計り、第三次世界大戦や宇宙戦争まで画策しており、まるでガンダムの世界を湧出させようとしています。これは地球人類の9割の削減や宇宙空間の戦争の拡大を意味しています。この事は我々の子孫の進化

や自然界の保存そして地球や宇宙の平和維持等を考えたら許される事ではありません。現在、裏側の無法グループによる地震気象兵器や模造UFOが製作されており三角型のものも、存在するようです。詳細は前記の書籍で・・(最新の情報ではブッシュ大統領は地震気象兵器でアラスカHAARPのスカラー波の解体、廃棄を08年7月末までに実行する事を宇宙人側との会見で書類にサインをした、との情報もある。以下はその記事のURLです。)
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/55.html

 

 


・・下記のURLで近隣惑星の高貴な宇宙人達の緊急メッセージを掲載中・・

http://nakaotatsuya3.noblog.net/blog/a/10312603.html

宇宙哲学HP「永遠の生命」
人間の進化向上の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で過去世を思い出す方法やテレパシーの送受信方法や人間の心と宇宙の意識(叡智、命、魂、神等)との一体化を経て永遠の生命を習得する方法が記載されており、又、火星や金星、月面等の他の惑星の生命存在を示す米国NASAの探査衛星写真等や葉巻型宇宙母船やUFOが多数掲載されています。(宗教団体と無関係)

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「月面や火星等に生命と文明がある」 衛星画像ブログ
http://eien.noblog.net/

映像は、アダムスキー氏が撮られた写真類で右上、宇宙母船の窓に宇宙人らしい影が見える母船のフォースフイルドの磁気で外形がハッキリ見えない、右下は宇宙母船から離発着するスカウトシップ小型機、左はアダムスキータ
イプのスカウトシップで主に母船と地上を輸送するタイプ小型機
 





  


Posted by 宇宙人の天使 at 07:36Comments(0)哲学、思想、倫理

2011年05月09日

命の覚醒

UFO

 

人間の目的と義務「命の覚醒」

 

「命の覚醒」著者記事

人間は宇宙の諸法則に従う事や宇宙の大自然の全体の生命である宇宙の魂(生命の海)に自分の生命である魂(宇宙の意識)を没入させ、融合させなければ貴方は全体の生命と一体化する事は出来ません。この事はイエスが言われた言葉「貴方が他人を傷つければそれは私を傷つける事になる」と、この事は全ての生命界は一体で繋がっていて同体であるからです。全ての生命は

葡萄の枝葉のように繋がっていて宇宙の生命という魂で全ては生かされているからです。さてイエスの言葉で「私に繋がっている枝で実を結ばない枝は農夫(創造主父)が来て全て取り除かれる」とありますが永遠の生命を得る可能性を示さない者は15~16回の転生で魂の命を取り除かれる事を意味しています。はたして貴方は御自分の過去世の記憶をご存知でしょうか

自分の過去世を記憶しているのは実は貴方の魂である潜在意識(宇宙の意識)であるのですがほとんどの人々は自分の過去世を知りません。宇宙的な記憶を持たない人は全くゼロに等しい存在です。永遠の生命を得る事とは各人が自分の前世の記憶を思い出す事です。「永遠の生命を得るには」記事URL
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/8eiennoseimeiwoeruniha.html

また宇宙の生命の法則に従うとは、イエス様が言われていますが「自分の命を愛する者はそれを失い、この世で自分の命を憎む者はそれを保って永遠の命に至るであろう」と、この事は貪欲、利己主義、拝金主義、等のエゴで生きている者は宇宙的な生命の永続性を得る為の全てのチャンスを失ってしまいますが自分のエゴを捨てて自身の内部の宇宙の魂(宇宙の意思)に

従う者は永続する命を得られるという事です。また「一粒の麦が地に落ちて死ななければ、それはただの一粒のままである、しかしもし死んだなら豊かに実を結ぶようになる」と、この事は人間の心はわがままな坊主のような存在ですが心は自身が内奥の魂(宇宙の意識)の各種の印象や指示等に従う召使である事を悟り、心自身の意見や意思を持たなくなり、それらに聞き耳を

立てておられるようになれば(支配権を意識に譲り渡せば)人間は死んだ事になり全知者(父)の意思に従う事になり豊かに実を結ぶ事になるのです。
「心と宇宙の意識の一体化」記事URL
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/7kokorotoutyuunoisikinoittutaika.html 
その時、人は生命の法則(生存の)に従う事になり進化の道である愛(慈しみ)と奉仕に生きる事に繋がって歩いて行きます。

私はこれ等の記事を御縁があって読まれておられます人々の全ての魂の命の存続を願っています。名も無い方々を必死で助けたいと念願していますので未来に希望と勇気を持って諦めないで進化して宇宙的な学習を学んで頂きたいと祈願しています。

皆様方の御質問や御意見や解らない事等の話し合いの掲示板を楽天のBBSで受け付けていますのでお気軽に御相談や御質問等をして下さい。
http://plaza.rakuten.co.jp/nakaotatsuya3/bbs/

「リンクのネットワークへの参加者を募集しています」中尾達也(著者)

賢者様の深い御思慮の地球人救済の為のリンクの輪、運動の参加者を求めています。当ブログに賛同して頂きブログ等をお持ちの方は当方への申し込みや手続きは一切無用ですので、お気軽にリンク付けをして頂ければ有難いと思います。貴方の愛と勇気が多くの方々の人命を救いますので宜しくお願いします。当ブログのどの記事をコピぺして使用してもOKです。

**
人間の進化と生き残り運動への参加リンクの輪、協賛
**

当サイト名「  」URL http:// と御記入して下さい。注、このブログのサイト名とURL」です。


宇宙哲学HP「永遠の生命」
 更新中

人間の進化向上の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で過去世を思い出す方法やテレパシーの送受信方法や人間の心と宇宙の意識(叡智、命、魂、神等)との一体化を経て永遠の生命を習得する方法が記載されており、又、火星や金星、月面等の他の惑星の生命存在を示す米国NASAの探査衛星写真等や葉巻型宇宙母船やUFOが多数掲載されています。(宗教団体と無関係)

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm



「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログ

 

http://eien3.jugem.jp/



「聖母マリア、イエスキリスト、賢者のメッセージ」 宇宙人文明(金星)からのメッセージ、ブログ

 

http://eien333.meblog.biz/

映像は小型UFO





  


Posted by 宇宙人の天使 at 08:27Comments(0)哲学、思想、倫理